« そろそろストーブが恋しい | トップページ | 夏の思い出 »

冬の日差し

冬は寒い中にも美しい物が多いように感じる。
この日のC58も夕陽に照らされ綺麗に輝いていた。

実はこの後もシャッターを押したのだが、急にシャッターが降りなくなった。
そう、メモリがなくなっていたのだ。
フィルムの時は残数をやたら気にしていたのだが、デジタルになってから(特に容量の多いメモリを使う場合)いつまでも写真が撮れるとの思いこみがこのような失敗を招くこととなる。

20101120_c581blog

|

« そろそろストーブが恋しい | トップページ | 夏の思い出 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ぽんぽこたぬきさま、こんばんは。

当方も長期間の遠征時に、「デジタルなら枚数など気にせずに撮れるぞー」と調子に乗って連写しまくった挙句、撮影可能枚数が残り少なくなり、泣く泣く宿泊先で撮影済カットの選別を行った経験があります(最近はストレージを持ち歩くようになったので、そのような心配はなくなりましたが)。

当方も似たような経験として、デジカ本体のメモリバッファが満杯になり、突然シャッターが落ちなくなってベストショットを逃すといった苦い経験をしたことがあります。ファームウェアを更新しても改善されるわけではないので、こればかりはどうにもなりません……。

投稿: northriver-485 | 2010年12月12日 (日) 20時28分

>northriver-485さん

こんばんは。
デジタルの落とし穴ですね。
特にバッファについてはどうしようもありませんね。調子に乗るなとの戒めと思っています。think

投稿: ぽんぽこたぬき | 2010年12月13日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1325520/37761207

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の日差し:

« そろそろストーブが恋しい | トップページ | 夏の思い出 »