« またも末広橋へ | トップページ | こんなのがきました »

好きな構図で

冬場の秩父鉄道の返しを撮影するときは、日が沈む頃であったことから、よく太陽を入れて撮影をしていた。

太陽が飛ぶか、列車がつぶれるか、がたいていの場合であり、ちょうど良いあんばいとなることはほとんどない。
それでも、お日様を入れた写真が好きでよく撮影していた。
レンズ越しに太陽を見ることは好ましくないことはわかっているのだが、どうもやめられない。
それでいて、大した写真でもないのだから、笑ってしまう。
でも、好きな構図をかえることなく、せっせと駄作を生み続けている。
 
20160116_dd51_4

|

« またも末広橋へ | トップページ | こんなのがきました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1325520/63500919

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな構図で:

« またも末広橋へ | トップページ | こんなのがきました »